それは1999年初夏6月のことでした。

 

それまで私はヨーロッパの雑貨で、“アンティークに見えるような商品”を探してパリやミラノのトレードフェアーに

出かけていました。中でもミラノの近郊、ブレシアという古い町で製造されるピューターには惚れこんでしまい4社の

小さな工場から商品を買い込んで東京ギフトショーに出店をしました。

 

ただ雑貨を販売するためには一つの商品では世界が作れない。もっと広い幅の商品を同じコンセプトで展開しなければ

輸入雑貨商としての将来はないことに気づいたのです。

 

当時から気になっていた商品が英国製の Blue & White というシンプルな陶器でした。陶器については全く知識のない

私ですが、思い切ってBlue & White の陶器メーカーを訪問してみようと思い、ロンドンから列車で陶器の町 ストークオン

トレントに初めて訪問したのでした。

 

この古い陶器の町に一体どんな陶器メーカーがあるのかさえ分からないため、駅前のホテルに荷物を下してタクシーに乗りました。

あまり上品でない英語を話すドライバーはそれでも親切で、私の希望を言うと“それならこの町の”陶器製造社組合“に行けばよい

とアドバイスしてくれました。(タクシーの中で思わず、“これは的を得ている”とほくそ笑んだのを今でも覚えています。)

 

ストークオントレントの陶器メーカーはすべてが陶器製造社組合“のメンバーであり、受付に出てきた太ったおばさんは町で

Blue & White の陶器を製造するすべてのメーカーをリストにしてくれたのです。

ただその中にはウェッジウッドやスポードなどすでに日本法人がある会社や輸入業者が決まっている有名なメーカーもあり

実際には私が次の日から訪問できたのは7社でした。

 

 

Rosemary and William

 

私がバーレイ社を訪問したのは最後の日、7社目です。それは組合でバーレイ社は倒産をして銀行管理になっているので、誰も

いないかもしれないと聞いていたからです。ダメ元で訪問するとやはり工場は止まっており、数人がオフィスにいるだけでした。

そこにいたのは会社のスタッフではなく、イギリス南部のウインチェスターという小さな町で雑貨店を営むローズマリーとウイリアム夫妻です。二人はその店で長年バーレイを販売しており、この伝統工芸を何とか残していきたいという強い思いを持っていました。

バーレイ社は会社更生と会社整理の間にあり、会社を更生させる資産家の登場を待っていました。ただその猶予期間は私の訪問後2週間でした。

 

当時も今も英国の陶器産業は衰退産業で、多くの伝統的な陶器メーカーが倒産してなくなっています。そのため町には失業者があふれ犯罪の多い町になっていました。そういう中で150年前の古い工場に資金を出す人はいませんでした。

 

バーレイ社でその商品を見た私は一目でバーレイ陶器が好きになり、これを私が日本で売りたいとその場で申し出ました。

もちろんバーレイが清算されずに製造が継続すればの話です。

 

女王陛下やチャールス皇太子に援助の手紙を出したローズマリーとウイリアムですが、この英国伝統の陶器工場を守るという返事がもらえず、銀行の会社清算決定の数時間前に、二人は自分たちのお店と自宅を売却した資金を銀行に提示したのでした。

彼らが提示した金額は決して大きなものではありませんが、150年前の工場や銅版などは銀行にとって何の価値もないため、

その提案を受け入れたものです。その時点で二人はバーレイ社のオーナーになりました。

 

日本でそのニュースを聞いた私はすぐに初回の注文を前金で出しました。資金繰りが大変だったバーレイ社は私の注文で

製造を再開して、今に至っています。20年まえのお話です。

ローズマリーは201911月に病気で亡くなりましたが、彼女とウイリアムのバーレイに対する情熱がなければバーレイ陶器は

生き残っていませんでした。